サイトマップ

返済負担には気をつける

カードローンは基本的に年会費などがかからず、無料で所持できます。借入を行った所から毎月の返済が必要になります。返済の金額やタイミングはカードローン会社によって大きく異なります。金利だけをみてカードローンを選ぶ人もいますが、返済の条件の方が、場合によっては重要かもしれません。

 

返済日1つとっても、こちらで指定できるカードローンもあれば、返済日が決まっているカードローンもあります。毎月の返済ではなく、35日毎の返済方式を採用している場合もあります。返済日を指定できない場合、決められた返済日が給料日前だと、返済も大変です。

 

返済額についても様々です。特に少額の借入れの場合、カードローンによって返済額が2,000円であったり、1万円であったりと、意外と大きな差が出ます。毎月の返済額の決め方は、カードローン会社によって様々ですが、借入金額が大きい程、返済額も大きくなります。ただし、返済額が大きい程、完済も早く払う利息も抑えられるので、どちらがいいとは一方的には決まりません。

 

ただし、毎月無理のない返済が行えるよう調整は必要です。例えば毎月5,000円返済していたものが、繰返し借入れをしていたら、急に返済額が1万円に上がってしまう可能性もあります。毎月の収支のバランスを考える上で、借入れする金額と返済金額についてはきちんと確認をしなければいけません。

 

今の借り入れの返済負担が大きくて支払いが苦しいと感じている方は、消費者金融の中でも低負担で借りられると話題のモビットへの借り換えを考えてみると良いでしょう。